日本育ち・純日本人の私が教える、トライリンガルになる方法|英語・ヒンディー語・日本語

英語学習

※二か国語を話す人をバイリンガル、三か国語話す人をトライリンガル(トリリンガルともいう)、三か国語以上を話す人をマルチリンガルといいます。

バイリンガルやトライリンガルになりたい!
自分の子供をバイリンガルやトライリンガルにしたい!

と思っている人は、多いはず。
しかし、実際のところ、

①両親のどちらかが外国人
②お金持ちでインターナショナルスクールに通える
③親が転勤族で海外暮らす機会がある

といった、いわば「特権階級」でなければ、バイリンガルやトライリンガルにはなれない!と諦めている人はいませんか?

そんなあなたに朗報です。
私は、日本育ち(しかもど田舎)で、両親とも日本人で、大学まで全部公立の学校でしたが、私はトライリンガル(日本語・英語・ヒンディー語)です。

私の3つの言語のレベルは、
日本語=ネイティブ
英語=ビジネスで使用できるレベル
ヒンディー語=ペラペラ。YouTubeでヒンディー語講師として日本No.1を獲得できるレベル

生まれながらのバイリンガル・トライリンガルといった「特権階級」ではないので、私の母語は日本語だけです。英語もヒンディーもネイティブではありません。しかし、十分に「使える」レベルに達しています。

特権階級でもなければ、まして、英会話教室にも行ったことがなかった私が、どうやってトライリンガルになったのかを、語りたいと思います。

 

口から英語が出ない受験英語→ビジネス英語もペラペラ

高校までは全く話せない典型的な日本人だった

私は、高校まで、福岡の「宗像市」で育ちました。
通学路は田んぼ道という典型的な田舎でした。

小学校・中学校・高校と全て公立の学校でした。
公立なので、当然、英語の先生は日本人で、文法ばかりを教えます。

田舎の進学校の英語の授業は、こんな感じです。。
ー大量に文法と単語を暗記させる
ーリーディングが圧倒的に多い
ースピーキングの授業はほぼ無し
ーテストの為の勉強

かなり大量の課題をこなし、私は見事、「受験英語」をマスターし、大阪大学のヒンディー語専攻に現役で合格しました。
(ちなみに、田舎すぎて塾はなかったので、塾には行かずに学校だけで勉強しました。先生方を夜中までガッツしりっかり捕まえて、教えてもらっていました。)

この時点で、私は、「難しい文法・英単語は暗記しているが、全く話せないし、リスニングも苦手」という典型的な日本人の英語力を身につけてしまいました。

 

インドに留学し、英語ネイティブの彼氏を持ち、急速に英語が得意になる。

大学では、英語の授業はほとんどなく、ネイティブの友達もできなかった為、相変わらずの「英語が口から出ない症候群」でした。しかし、インド留学が転機となりました。

もともと、専攻語のヒンディー語を磨くために、大学三年の後期から、インドに一年留学をしました。
インドは、授業料が一年で5万円、生活費も安いため、貧乏な私でも留学が可能でした(笑)

そこで、留学から1ヶ月も経たないうちに、インド人の彼氏ができました。
彼は、日本のインターナショナルスクールで育ったお坊ちゃんで、英語が綺麗なアメリカ英語でした。

これは、英語を上達させるチャンス!と思い、彼とは英語で会話することに決めました。

彼とは一年付き合っていたのですが、その間にすっかり英語が話せるようになりました(笑)
でも、みなさんが想像しているような「なんの苦もなく英語が身についた」訳ではありません。

まず、彼と付き合って、最初の頃に、「I am tired of listening your broken English(お前の下手な英語に嫌気がさした。)」と言われて、非常に悔しい思いをしました。一生懸命話していたのに、ここまで言われると、頭にきて、殺意さえも芽生えましたw

インド人の元カレと旅行中に、田んぼで遊ぶ
インド人の元カレと旅行中に、田んぼの灌漑で遊ぶw

でも、これでお尻に火がつきました。

そこから、TVドラマを大量にシャドーイングする日々が始まりました。
「フレンズ」と言うドラマを、全ての英単語を調べながら、シャドーイングしました。
登場人物の発音を真似て、なんども口に出して発音の練習をしました。
フレンズのセリフは、かなり覚えました。
(5回くらいは見ました。1話30分で、1エピソード24話、10エピソードまであるので、240話×30分×5回です。恐ろしい量ですよねw)

また、ハリーポッターの英語の本を読みながら、わからない単語を調べたりもしていました。

そして、本やドラマから学んだ英語を彼氏相手に練習していました。

さらに幸運なことに、彼は文法や発音を逐一訂正してくる英語オタクだったので、私の文法と発音はかなり強制されました。

帰国前の3ヶ月は、インドの日本法人でインターンシップをしていました。
そこでは、基本的に英語が話されていたので、ビジネス英語にも触れることができました。
フレンズの日常会話と、ビジネス英語(特に英語の契約書)などは、全く難易度が異なり、苦戦しました。

帰国後も、英語力の維持に全力投球

帰国後は、インド人彼氏に振られたものの、すぐにアメリカ人彼氏を作り、日常的に英語に触れるようにしていました。
また、White CollorやSuitsといったより難易度の高いTVドラマのシャドーイングも開始しました。
朝起きてから、夜寝るまで、できる限り、ドラマを見続けました。
メイクするときも、ご飯を食べる時も、必ずドラマを見ていましたし、Netflixを契約してからは、外出中も常にドラマを聞き流していました。また、帰国後英語力の低下を避けるため、外国人も暮らしているシェアハウスに住んでいました。

 

英語が身についたワケ

こうした細かい努力のおかげで、私の英語力はかなりのレベルに達し、
現在は、外資系の会社で英語のみで仕事をするまでになりました。

以上が、私の英語習得の道のりです。
ポイントをおさらいすると、

①高校までで、文法と単語のマスターになっていた。(だが、会話はできなかった)
②ネイティブと付き合うことで、毎日会話の練習をする期間が1年間あったこと
③テレビドラマをシャドーイングしまくったこと。

この3つにより、私はビジネスレベルの英語力を身につけました。
この3つは、日本にいて、お金がなくても、そして何より幼少期からの英才教育が全くなくても実行可能です。

この中で、②は運や好みがあるので、誰でも実行できるわけではありません。しかし、現在では、「外国人と一緒にシェアハウス」といった場所がありますし、meetupなど外国人との出会いを簡単に見つけられるツールがあります。こういった機会を自分で掴みに行くと、外国人の彼氏は無理でも外国人の友達はたくさん出来ますので、日常のかなりの時間を英語での会話に切り替えることは可能です。

特に重要だったのは、①の文法と単語マスターになっていたことだと思います。
大人になってから、楽しんでテレビドラマを見たりシャドーイングをすることは、簡単です。しかし、圧倒的な基礎英語力は、繰り返し強制的に勉強しなければ身に付きません。この強制力は、やはり学校が一番です。
圧倒的な英語の基礎があったからこそ、「練習するだけ」で話せる英語が身についたのです。

世の中には、「受験英語は毒だ。受験英語では、話せるようにならない」と言う意見を言う人がいますが、私は違うと思います。受験英語を学習することで、その後、個人の必要に応じて好きなだけ英語力を伸ばせることができます。

以上が、「特権階級」でもない私が英語を身につけた経緯です。

 

専攻語としてヒンディー語を習得

前述した通り、私は大阪大学外国語学部ヒンディー語専攻に行きました。
また、休学してインドに1年留学したため、ヒンディー語は合計で5年間学習しました。

授業での文法&バイト先での会話=2年以内にペラペラに!

大学の授業では、高校の時と同様に、文法の授業が主でした。
ネイティブの先生の会話の授業もありましたが、あまり身になるものではありませんでした。(会話というより、詞の暗唱とか。。)そのため、私はまたも、文法マスターになりました。

しかし、文法マスターで終わらず、スピーキングを向上させるため、私は近くのインドカレー屋さんでバイトを始めました。
土日の12:00-15:00と18:000-21:00でシフトでしたので、休憩の3時間はインド人と雑談したりヒンディー語の授業の予習をしたりしていました。今思うと、週末ぷち留学でしたw
しかも、バイト中は、「どうしてもこれを今すぐ伝えないといけない」という場面が結構ありました。例えば、「卵アレルギーだから、この人の食事に絶対卵入れられないんだけど、大丈夫?」みたいな会話は、もはや誰かの命がかかった会話です。そういった重要な会話を急いで伝える練習を繰り返したので、急激にヒンディー語は上達しました。

授業での文法&バイト先での会話をきちんと身につけたので、大学2年生の半ばには、ヒンディー語がかなりペラペラになっていました。この時点では、なんと、英語よりもヒンディー語の方が、会話が得意でした。

ヒンディー語の授業前に暴れるまよ
ヒンディー語の授業前に暴れるまよ

 

インドに1年留学

その後、3年の半ばから、インドに留学しました。
インドでは、ヒンディー語の語学学校に入学しましたが、学校の質が低かったのであまり学校には行きませんでした。その代わり、日本人商社マンや駐在員の妻にヒンディー語を教えたりしながら、インドを満喫していました。

前述の通り、彼氏とはヒンディー語で会話していなかったのですが、それ以外の人とは基本的にヒンディー語で会話をするので、会話力に磨きをかけることができました。

こうして、私はヒンディー語を伸ばし、インド人に間違えられるまでになりました。
(インド人はヒンディー語母語でない人も上手にヒンディー語を話します。私はその「他の州から来たインド人」に間違えられていましたw)

帰国後は、インド映画やヒンディー語講座でヒンディー語を維持

帰国後、一番心配だったのは、ヒンディー語力の維持です。
一度覚えたら忘れないだろう、と思っていましたが、帰国後すぐに、ヒンディー語の衰えを感じました。
そのため、意識的にインド映画をたくさん見たり、インド人の友達と遊んだり、ヒンディー語講座をしたりして、ヒンディー語力の維持に勤めています。(今も、続けてます。)

 

トライリンガルは、維持が大変?

私がトライリンガルになった経緯をお話ししました。

トライリンガルになる上で、困ったことが2つありました。

1つ目は、2つの言語が頭の中で喧嘩することです。
ヒンディー語と英語がどちらも同じくらいのレベルだった時、ヒンディー語の単語を言いたいのに英単語が出て来たり、英単語を言いたいのにヒンディー語の単語が出て来たり、脳の中で単語同士が喧嘩していました。この問題は、ひたすら練習しているうちに、解消されました。トライリンガルは誰もが通る道だと思います。

2つ目は、1つの言語の習得に集中しすぎると、もう一つの言語を忘れることです。
インドから帰国して、ヒンディー語を使う機会が一気に減った時、私のヒンディー語はガタ落ちしました。
バイリンガルならば、母語じゃない方の言葉が1つしかない(または1つもない)ため、その1つの言語で映画を見たり友達と話したりしていれば、語学力をキープできます。
しかし、母語じゃない言葉が2つもあると、どちらもバランスよくキープするのは難しいです。こちらを攻略できるかどうかは、「いかに日常の中で努力して2つの言語の維持に時間を割くことができるか」だと思います。

 

まとめ:特権階級でなくてもトライリンガルにはなれる!

「特権階級」でない私が、どうしてトライリンガルになれたのか、ご紹介しました。

結局、語学は「努力」と「環境のチョイス」

でもつまりるところ、どうしてトライリンガルになれたかというと、
私が努力家だったからです(笑)

最後の最後に自慢かよwって感じですが、、、
結局語学は、努力しかないからです。

受験英語を必死で身につけたのも努力。
TVドラマをシャドーイングしまくったのも努力。

ヒンディー語を伸ばすためにバイトしたのも努力。
ヒンディー語のテスト前に必死こいて勉強したのも努力。

「特権階級」に生まれなかった人間は、努力するしかないんですよ。。。。

もう一つ大事なのが、環境のチョイスです。

ヒンディー語専攻を選んだチョイス。
留学先をインドしたチョイス。
インド人の彼氏をゲットしたチョイス。
アメリカ人の彼氏をナンパしたチョイス。
外国人も住むシェアハウスに住むというチョイス。
毎日TVドラマを見まくったチョイス。

これらのチョイスが積み重なって、語学を習得することができました。

なりたい自分から逆算して、「自分はどうすべきか」をきちんと考え、行動にうつしてください。
トライリンガルになりたいならば、なるための「チョイス」をしてください。

そうすれば、「特権階級」出なくても、語学を身に付けることはできますよ!

では、またね!

カンボジアで、出会った旅人とパシャり
カンボジアで、出会った旅人とパシャり