【読書術】メンタリストDaigoに学ぶ、どんな本でも読み切れるようになる「読書術」

読書術

読書って、先人の人生経験やノウハウを「読むだけで得られる」最高のツールですよね?
多くの人が、「もっと速く楽しく本を読めたらな。。」と思っていると思います。

しかし、実際は、、、本を読むのって、やはり辛い。。。という人も多いと思います。

そもそも時間の確保が難しいし、読み進めても興味が薄れて挫折してしまうこともあります。
小難しい本を一生懸命最後まで読んでも、読み終わってから「何が重要だったんだっけ?」とあまり頭に内容が残っていないこともあります。

そこで本日は、メンタリストのDaigoが教える「楽しく最後まで読みきって、記憶に残る、読書術」を紹介したいと思います。

Daigoさんは、ご自身の YouTubeチャネルやニコニコ動画で、様々な事柄についてお話しされています。
読書がお好きなDaigoさんは、数回にわたり、「読書術」についても紹介しています。
今日は、その複数回に渡る読書術を、1つの記事にまとめました。

彼の方法で読み進めると、「興味を持って読書をし、読み終わった時に記憶に定着する」そうです。
読書術は大きく3つのステップに分かれているので、ステップごとにご紹介します!

Step① 読む前に「興味」の錯覚を起こす

間違った読み方××

あなたは、著者の略歴、目次、あとがき、目次を読んでから本文を読みますか?
それとも、これらをすっ飛ばして本文を読み始めますか?

実は、これらをすっ飛ばすことは、良い読書の方法ではありません。
なぜなら、著書のことや、その本に書かれている内容を全く知らずに読み始めてしまうと、その本に興味が無いまま読み始めることになるからです。「この本は興味がある本だ!」と脳が認識していないまま本を読むと、途中で挫折してしまう可能性が高くなります。

 

読み始める前に事前準備をすべし

あなたの目の前に、今から読もうとしている本があります。

あなたは、下の質問に答えられますか?
Q.1:どうしてこの本を選んだのか?
Q.2:この本から何を学びたいのか?
Q.3:この本を読んで自分がどうなりたいのか?

これらにきちんと答えられないようならば、あなたのその本への興味は薄いと言えます。
まずは、その本に対してきちんと興味を持ってから本を読み始めた方が、挫折せず、有意義に本を読むことができます。

そこで、読もうとしている本に興味を持つためのテクニックが必要になります。

Daigoの読書術①
読もうとしている本から「学びたいと思うこと」「興味があること」を3つほど書き出すべし!
→自分にとってなぜその本を読むことが重要なのかを脳みそに叩き込む。本を読むモチベーションを上げる。
→本を読んでいる途中でモチベーションが下がりそうになった時には、その紙を見てモチベーションを保つ。

ただし、まだ読んでもいない本から「学びたいと思うこと」「興味があること」を考えるのは難しい時もあります。
そういう時は、下記の方法を試して見てください。
①アマゾンのレビューを見て、他の人が為になった部分を探してみる。
②目次を見て、その中から自分の興味のある分野を特定する。特に、「どれかひとつの章しか読めないとしたらそれを読むか?」と思って目次を見ていくと、どこかの章に興味が沸いてきます。

Daigoの読書術②
目次を見て、「これってこういう事が書いてあるのかな?」とクイズ形式で考えて見る。
→実際に読んでいる時に答えが合っていたか合っていないかを知ることができ、「あー間違ってた、へーこういうことなんだ」という自分の感情を入れることができます。自分の感情が入ると、本で学んだことが忘れにくくなります。

こうやって、まずはその本に対しての興味を湧かせることが、大切です。
では、本へのモチベーションが湧いてきたところで、実際に読み始めましょう!

 

Step② 興味がある分野から読み進め、面白い部分をメモする

読み進めるときは、興味がある分野から読み始めましょう。
Step①の「Daigoの読書術① 」で、興味がある分野を決めたと思います。その分野から読み進めてください。

こうして、まずは自分の興味のある内容を読むことで脳に「この本って面白い!」と錯覚させるのです。
「本のつまみぐい」とDaigoさんは表現しています。
このつまみ食いをすることで、さらに本への興味を高まるため、最後まで読み進めることができるようになります。

また、「Daigoの読書術② 」で行なった、目次クイズの自分の答えが合っているかどうかも確認してくださいね!
この時、自分の答えが合ってない場合の方が記憶に残るそうです。

Daigoの読書術③
「面白いな」と感じた部分は、自分の感情を含めて要約メモを取るべし。(スマホでも、紙でもOK
→人間は、自分の感情を含めた方が記憶に定着する!

せっかく読んだ面白い内容を忘れないために、メモを取っておくことは、重要なのです!

 

Step③ 自分の感情が入った要約メモを見て、クイズしてみる

人間は、インプットしている時には記憶には残らず、アウトプットする過程で記憶に残るそうです。特に、思い出そうとするけど、思い出せなくて悔しいと思う時に記憶が定着するのです。

この人間の記憶のメカニズムを利用して、記憶を定着させるためには、この方法が有効です。

Daigoの読書術④
自分がとった、自分の感情入りの要約メモだけを見て、ブログやレビューを書こうとする。
全ては覚えていないはずなので、覚えていない部分を「覚えてないの悔しいなーなんだったっけなー」と5分間悩んでみる。
5分経ったら、本を見返して、正解を確認する。

この方法で、要約を書くと、かなり記憶が定着するそうです。
本のレビューを書くのは少々面倒だと思うかもしれませんが、「記憶に残すため」と思って書いて見ることをお勧めします!

以上で、Daigoさんの読書術の3つのステップは完了です!
追加で、「積読を防ぐ方法」というお話も、Daigoさんがされていたので、簡単にまとめました。

 

積読を防ぐためのポイント

まず、積読をしてしまう人の特徴として、「完璧主義の人」が挙げられます。
完璧主義の人は、本を完全に理解しようと思って読み進め、理解しきれなかった場合に、本を読まなくなってしまうことがあるからだそうです。積読を防ぐには、一字一句読もうとしないことが重要です

では、具体的に、積読を防ぐテクニックをご紹介します。

①一番最初に、目次を見て全体を見る。全体のストーリーを理解する。
②5−10分を使って、各章の冒頭の書き出しと最後の一文を読む。
→人間は隙間が空いていると埋めたくなる性質があり、隙間隙間で読むと、間も自然に読めるようになるそうです。

また、「まとめ」がついている本や、重要な部分が太字になっている本は、そのまとめや太字だけを読むことも重要だそうです。
まとめや太字だけで満足できる場合は、まとめや重要部分がよく出来ているか、大した重要なことも書いていない本なので、そのまま読み終わって良いそうです。もし、「もっと読みたい!」と思った場合は、さらに詳しく読み進めればいいのです。

 

まとめ:興味を保つためにざっくり本を読むべし

いかがでしたか?
Daigoさんの読書術、とっても興味深いですよね。。

私は、Daigoさんが「ダメ」という「完璧主義者です。
本は最初から読みたいですし、TOEICのテストでも隅から隅まで読まないと気が済みません。

でも、それでは多くの本を挫折せずに読むのは難しいのですね。。。。

これからは、Daigoさんのおっしゃる通りに、「興味を保ちつつ、ざっくりと」本を読んでいきたいと思います!

この記事が、皆さんが、スイスイ読書するための一助に慣れたら、幸いです!

 

Daigoさんのお勧めの著書


こちらの本は、集中力を高めるにはどうすれば良いかというノウハウを具体的に教えてくれるので、大変お勧めです!

 


こちらの本は、2018年9月に出版された比較的新しい本で、かなり売れているようです。
こちらはまだ読んだことないので、このブログを書き終わったら、アマゾンでポチりますw