ミャンマー女子一人旅。ヤンゴン/ゴールデン・ロックのオススメの観光&ホステル

ミャンマー

「ミャンマー」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

・アウンサンスーチーさん?
・軍事政権?
・映画「ビルマの竪琴」?

あまり、「ミャンマー観光」を思い浮かべる人は少ないと思います。
でも、ミャンマーはしっかり観光名所がたくさんありますし、治安も悪くないです。

タイやベトナムに比べるとまだまだ開発が進んでいないため、
「一昔前のアジア」の味のある雑多さや、生活に根ずく宗教を肌で感じることができます。

ということで、本日は、私の「ミャンマー女子ひとり旅」をレポートします!
ヤンゴン2泊→チャイティーヨー1泊→ヤンゴン1泊でした!

ミャンマー・ヤンゴン観光

ヤンゴンには、沢山の観光スポットがあります!
仏教施設系、ショッピング、その他の順に紹介します!

まずは、仏教施設3つ!

シュエダゴン・パゴダ

ミャンマー仏教のお寺。ヤンゴンのNo.1観光スポットです!
かなり広い敷地に、沢山のパゴダ(仏塔)が並んでいます。

シュエダゴン・パゴダ
シュエダゴン・パゴダ
シュエダゴン・パゴダ
シュエダゴン・パゴダ(民族衣装を着ている私)

外国人観光客もいますが、ミャンマー人がほとんど。

裸足になる必要があるので、昼間だと足が熱いです。
朝か夕方がオススメです!
出口付近にお土産やさんもありますよ!

基本情報
・営業時間:4:00〜22:00
・料金:10,000 kyats(公式サイトには8ドルと記載があるが、ドルでの支払いが可能かどうかは不透明。kyatsを持って行くべし。公式サイトが2018年12 月にリニューアルされたにも関わらず、ドル表記のままであるため、もしかしたら、ドルも使えるかも。)
地図はこちら
・アクセス:市街中心部からタクシーで10分。
公式サイトはこちら
※公式サイトには、「膝丈以上のスカート/ズボン、肘丈以上のシャツを着用すべし」とあります。私は半袖で行っちゃいましたが、OKでした。

ナーガ・ハタット・ギイ・パゴダ(Nga Htat Gyi Pagoda)

こちらも、ミャンマー仏教のお寺です。
ここでの見所は、高さ14メートルの巨大な仏像です。

ナーガ・ハタット・ギイ・パゴダ(Nga Htat Gyi Pagoda)
ナーガ・ハタット・ギイ・パゴダ(Nga Htat Gyi Pagoda)

観光客は少なく、のどかでした。

ナーガ・ハタット・ギイ・パゴダ(Nga Htat Gyi Pagoda)
ナーガ・ハタット・ギイ・パゴダ(Nga Htat Gyi Pagoda)

基本情報
・料金:無料
地図
トリップアドバイザーのサイト

チャウタッジー寝釈迦仏(Chaukhtatgyi Buddha)

こちらも有名な仏教のお寺です。
ナーガ・ハタット・ギイ・パゴダの道路渡って向かい側にあるので、両方いっぺんに見学できます。

チャウタッジー寝釈迦仏(Chaukhtatgyi Buddha)
チャウタッジー寝釈迦仏(Chaukhtatgyi Buddha)

このお寺の面白いところは、僧侶の生活を覗き見ることができます。
お寺の外には僧侶の住む家が立ち並び、僧侶が普通に生活しています。

チャウタッジー寝釈迦仏(Chaukhtatgyi Buddha)修行僧の暮らし
チャウタッジー寝釈迦仏(Chaukhtatgyi Buddha)修行僧の暮らし

ちなみに、ナーガ・ハタット・ギイ・パゴダとチャウタッジーでは、片言の日本語と流暢な英語を話す大学生(自称)と仲良くなり、色々とガイドしてもらいました。最終的にお布施を要求された時は少しガッカリしましたが、ガイドそのものには満足したので、1000円くらい渡しました。

基本情報
・料金:無料
地図
トリップアドバイザーのサイト

 

ボージョーアウンサンマーケット

買い物するなら、ここ!ボージョーアウンサンマーケットです!
民族服、工芸品、置物、なんでも揃います。
値段はほとんど言い値なので、最初は高いです。値切り交渉を楽しんでください!

私は、初日にこのマーケットに行き、民族衣装を2セットほど購入。(私がs)
ロンギー(巻きスカート)は、自分の好きな生地を選んで、仕立ててもらいます。
と行っても、巻きスカートのヒモ部分をつけるだけの簡単な仕立てなので、他のお土産を見て回っている間に完成します。

ボージョーアウンサンマーケット
ボージョーアウンサンマーケット
ボージョーアウンサンマーケット
ボージョーアウンサンマーケット

ご飯を食べるところもあります!
私のオススメは、超濃厚アボカドジュースでした!

基本情報
・営業時間:10:30~17:00
・定休日:月曜日
地図
トリップアドバイザーサイト

 

カンドージ湖・公園(Kandawgyi Lake / Park)

ヤンゴンといえば、インヤー湖の方が有名ですが、私のオススメはカンドージ湖です。
公園として整備されており、小ぎれいなお食事どころやお土産屋さんもあります。

カンドージ湖(Kandawgyi Lake)
カンドージ湖(Kandawgyi Lake)
カンドージ湖(Kandawgyi Lake)小ぎれいなカフェでマンゴーシェイク
カンドージ湖(Kandawgyi Lake)小ぎれいなカフェでマンゴーシェイク。美味しかった!
基本情報

地図
・公園自体は、何時でも空いています!

https://help.xoom.com/s/article/how-can-i-pay?language=en_US

 

カラウェイ パレス(Karaweik Palace)レストラン

「パレス」という名のレストランです。
カンドージ湖・公園の一部です。

この船の中がレストランなのです。

カラウェイ パレス Karaweik Palace
カラウェイ パレス(Karaweik Palace)

内部は、ハリーポッターレベルの大広間!
ステージで伝統芸能なども楽しめます。

カラウェイ パレス(Karaweik Palace)
カラウェイ パレス(Karaweik Palace)

上品なミャンマー料理をいただきました!
このランチプレートで500円程度でした!

カラウェイ パレス(Karaweik Palace)
カラウェイ パレス(Karaweik Palace)

ゴージャスで、安くて美味しいです!
絶対行くべきレストランでうすよ!

基本情報
・営業時間11:00 – 15:00, 18:00 – 20:30
地図
公式サイト(予約、伝統芸能ステージの時間など確認できます)

 

インヤー湖(Inya lake)

インヤー湖は、ヤンゴンで一番広い湖。
広いので、どちらから湖を見るかで景色が大きく違います。

こちらは、カップルがデートする静かな茂みポイント。。。。

インヤー湖
インヤー湖

夕日が綺麗なスポットでもあります!

チャイティーヨー観光(ゴールデンロック)

ゴールデンロックを見るため、一泊二日でチャイティーヨーに行きました!
ヤンゴンからチャイティーヨーまでは、バスで5時間くらいです。
バスで行くのはさほど難しくありませんよ!

ゴールデンロックは、「落ちない神秘の石」です。
確かに、見てるだけで何か偉大な力を感じます。
絶対見るべき神秘の観光スポットなので、必ず行きましょう!

チャイティーヨー、ゴールデンロック
チャイティーヨー、ゴールデンロック
チャイティーヨー、ゴールデンロック(ミャンマー観光客がたくさんいます!)
チャイティーヨー、ゴールデンロック入り口(ミャンマー観光客がたくさんいます!)

ちなみに、チャイティーヨーでの宿泊ホテルはオススメじゃなかったので、書きませんw

 

ヤンゴンのオススメのホステル

私は、ひとり旅の時は安宿orホステルに泊まることにしています。
安宿やホステルでは周りのバックパッカーと仲良くなれますし、自分一人のためだけにお金を使いたくないからです。

今回のヤンゴン泊のチョイスは、Four Rivers Youth Hostel (フォー リバーズ ユース ホステル) でした!

ヤンゴン・オススメホステル
ヤンゴン・オススメホステル

Booking.comで、1700円/泊でした!
ホステルにしては、高いですよね。。。?
ヤンゴンは、タイやカンボジアよりも、比較的ホテル代が高いです。

このホステルは清潔で、スタッフの対応も良く大満足でしたよ!

 

まとめ:ミャンマー行くべし!

意外と(?)多くの観光スポットがあることに驚いたのではないでしょうか?
ミャンマーはあまり知られていませんが、とっても素敵な国です!
ぜひ、ミャンマーを訪れてみてください!

ミャンマーのオススメご飯については、別の記事で紹介しています!

ビルマ語専攻卒業生が選んだ、ミャンマーのオススメご飯TOP5! 厳選!

また、今回はヤンゴンとチャーティーヨーのみ紹介しました。
しかし、実際は、「バガン遺跡群」がミャンマーのNo.1観光スポットと言われています。
また、古都マンダレーも素敵です。

時間がなかった私は、ヤンゴン付近だけしか見ることができませんでしたが、
もし時間があれば、パガンやマンダレーにも足を伸ばしてみてくださいね!

おしまい!